2007年12月29日

Palace Terrace「Flying Through Infinity」

PALACE TERRACE / FLYING THROUGH INFINITY


お気に入り度 「90」


アメリカのネオクラシカル・プログレッシブメタルバンドの1st。
ジョージ・ベラス率いる、メロディックでドラマティックなプログレメタルだ。

音楽性は、クラシカルでファンタジックなプログレッシブ・メタル。
キーボードがスペーシーな雰囲気を醸し出していることもあり、無限に広がる
宇宙のような世界が構築されている。
非常にドラマティックだ。
聞いているとファンタジックな情景が浮かんできそうで、なんとなく「聴く絵本」みたいな
感じもする。
(なんか宇宙が絡むアニメ映画のような感じも...)

基本曲展開の激しいプログレ曲が主体だけれど、2、7曲目のように割りとストレートな
曲もある。
曲によっては場面展開がちょっと継ぎ接ぎに感じるところもあるけれど、メロディラインは
分かりやすいし聞きやすい。
(キャッチーというのとはまた違うし、1度聞いただけでは全てを理解できないけれど)
ミッドテンポの曲が主体だけれど、グイグイ聞けるしかなり感情移入できる。
(でも、後半はちょっとダレるかな)

ジョージ・べラスのギターは初めて聞いたけど、思っていたよりは良かった。
(しかし、ギターよりもキーボードの方に高いセンスを感じる...)
内容が良いだけに、このサウンドプロダクションは惜しい気がする。
posted by metalic at 16:52 | P
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。