2010年05月01日

Rhapsody of Fire「The Frozen Tears Of Angels」


お気に入り度 「81」


イタリアのシンフォニック・メタルバンドの7th。
シンフォニックでファンタジックで壮大なメロディック・メタルだ。

音楽性は、シンフォニックなメロディックメタル。
ファンタジックな世界観、映画のサントラかと言わんばかりに仰々しい装飾が
特徴的なメロディックメタルで、中々にして壮大な音楽をやっている。
今回は割りとメタル度が高く、いくらかアグレッシブに感じる場面が多い。
(終始メタル度が高い訳ではない)

バックの演奏をはじめ、曲そのものは非常に良いと思うのだが、どうも
歌メロが印象に残りづらいのが惜しい。
(というか、ファビオじゃない人が歌えばもっと良くなるような気がする)
あと、せっかくの雰囲気をギターが壊していると感じる場面もチラホラ。

おすすめは1〜2、4。
2曲目は壮麗かつ壮大な感じで、4曲目はアグレッシブかつ度派手な内容になっている。


6th : Triumph Or Agony
posted by metalic at 22:45 | R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。