2009年10月05日

Winds of Plague「The Great Stone War」

発売日:2009-08-11
価格
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

お気に入り度 「86」


アメリカのメタルコア/デスコアバンドによる3rd。
アングリーでヘヴィで荘厳、そしてたまにメロディックなメタルコアだ。

音楽性は、気合の入ったシンフォニック・メタルコア/デスコア。
アングリーでヘヴィな演奏と、荘厳な雰囲気を生み出すシンフォニーな
キーボードが印象的なメタルコアで、中々にして鬼気迫る感じの音楽を
やっている。
ボーカルは低音デス声/シャウトメインで、これがかなり気合入っている。

前作はもっとメロディックでキャッチーだったような気がするが、今回はいくらか
甘さ控えめになったようだ。
キャッチーでメロディックなフレーズを惜しみなく出しまくるという感じではなく、
そういうのはポイントポイントで出してくる程度で、ほとんどは気合の入った
男臭い?(とはちょっと違うな...)メタルコア/デスコアを演っている。
シンフォニック・メロディック・メタルコアが、シンフォニック・メタルコアになった
みたいな...
ある意味大人になったとも言える変化だが、個人的にはちょっとガッカリだった...
...が、なんか2回聞いたら「いいかも?」と思えてきた。
正直自己満足的・冗長的に感じられる場面もなくはないが、一方で確実な成長も
見られる。
メロディック加減を抑えたことにより、美と醜の対比がよく出ている気もするし...

1、4、5、8、11あたりは普通にメロディックで聞きやすい。
(1、11はインスト)

しかしボーカルは本当に上手い。
あとドラムも結構良い。


2nd : Decimate The Weak
posted by metalic at 02:08 | W
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。