2009年09月14日

Megadeth「Endgame」

メガデス
発売日:2009-09-09
価格
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

お気に入り度 「88」


アメリカのスラッシュメタルバンドによる12th。
テクニカルで知的センス溢れるインテレクチュアルなスラッシュメタルだ。

音楽性は、テクニカルでアグレッシブなスラッシュメタル。
非常によく練りこまれたギターリフと曲展開が特徴的なスラッシュメタルで、
唯一無比と言っても良いほどの構成力を誇る音楽をやっている。
ザクザクしたテクニカルリフと、聞き手の予想をどんどん裏切っていく展開が
印象的で、ある意味プログレッシブとも言える作風だ。
何はともあれギターリフが主役のアルバムなので、ギタリストにとっては宝の山の
ような一品かも?

今回は初期(1〜3rd)の臭いがかなり強く、まさに原点回帰とも言える内容になっている。
(曲によっては、集大成的な作品もあるが)
やはりMegadethと言えば、このインテレクチュアルなリフと曲展開なのである。
過去の名作を越えているかと言えばそうでもない気がするが、思わずニヤけてしまう
ようなムステイン節はあちらこちらで聞ける。
(2、9のイントロとか凄い)

惜しむらくは、ドラムが結構普通なところ。
あと、クリスは期待を超えるほどではなかったかな・・・
(テクニック的なものは素晴らしい)


1st : Killing Is My Business...And Business Is Good

3rd : So Far, So Good...So What!

11th : United Abominations
posted by metalic at 01:29 | M
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。