2009年04月04日

Abigail Williams「In the Shadow of a Thousand Suns」

発売日:2008-10-28
価格
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

お気に入り度 「93」


アメリカのブラックメタルバンドによる1st。
不穏な空気があふれ出る荘厳なブラックメタルだ。

音楽性は、ファストで荘厳でドラマティックなブラックメタル。
Dark Funeralのようなブリザードリフ、そしてDimmu Borgirのように
メロディックでシンフォニックなキーボードが印象的なブラックメタルだ。
アメリカのバンドと言われなければ、ノルウェーあたりのバンドだと思ってしまい
そうなほど見事にブラックメタルしている。
メロディラインとか曲展開は結構捻られていて、その辺からはEmperorっぽいものも
僅かに感じられる。
ジャケットから想像できるような地獄魔殿っぽい荘厳な雰囲気が終始続いていて、
これは圧巻と言わざるを得ない。

前作はまだ方向が定まっていない感があったが、ここにきて完全にブラックメタルに
仕上がった。
邪悪&アグレッシブ度とメロディック度が6.5:3.5くらいの比率になっていて、これが
絶妙な按配になっている。
(最後の方は普通にメロディック・ブラックになっているが)


捨て曲は一切なく、満足度はかなり高い。
(特に、10曲目では涙を流す人さえいるだろう...)
買うCDが毎回このくらいのクオリティだったら、人生がもっと輝きそうだ。


ミニ : Legend
(日本盤には、上記ミニが全曲収録されている)
posted by metalic at 14:00 | A
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。