2008年11月06日

Trivium「Shogun」

発売日:2008-09-24
価格
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

お気に入り度 「92」


アメリカの新世代メタルバンドによる4th。
メタルコア、メロデス、スラッシュメタル、そして伝統的なヘヴィメタルの要素を
併せ持つ現代的なヘヴィメタルだ。

音楽性は、メロデスやメタルコアの要素を踏まえたモダンなヘヴィメタル。
メタルコア、メロデス、スラッシュメタル、NWOBHM、正統派メタル、そしてロックか
なんかをミックスしたような感じのヘヴィメタルで、中々ボーダレスな音楽をやっている。
(NWOBHM的なメタルコア、またはメロディックなスラッシュメタルとも言える...)
タイトルが「Shogun」なせいか、やや和な要素を感じる場面も。
曲は基本5分台だが、結構練られていてリズムチェンジもあったり。
ボーカルは、ジェイムズ・ヘッドフィールド風のシャウト&クリーンボイスと、
メタルコア風怒号スクリーム。
前作に比べると、スクリームが増えているような気がする。

今回は、「曲が練られている」というところが特に印象に残った。
いくらか荒削りというか未完な練り具合であるようにも思うけれど、逆に若さが
感じられて個人的には良かった。
曲構成は複雑(という程でもないけれど)でも、メロディラインは分かりやすいので
聞きやすい。
(1度聞いただけでは、全てを把握することはできないけれど)

前作から進化している部分もあるし、逆に(良い意味で)少し遡った部分もある。
自らに深化しつつも、進化しているというか...
売れているのに、アグレッシブ&ダークな要素を強めたところはナイス。

音楽性が近いという意味ではではないけれど、Persefoneの「Core」
を聞いた時と似たような感銘を受けた。
(テクニカル&ダークネスな雰囲気が...)

キイチのクリーンボイスが超絶上手かったらもっと好きだったかも。


3rd : The Crusade
posted by metalic at 11:55 | T
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。