2008年06月26日

Emir Hot「Sevdah Metal」

エミール・ホット
発売日:2008-05-21
価格
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

お気に入り度 「89」


ボスニア出身のギタリストによる1st。
テクニカルでメロディックなネオクラメタルだ。

音楽性は、テクニカルでほんのちょっぴりプログレッシブながらもメロディックな
ネオクラメタル。
ギタリストのソロアルバムではあるが、普通に歌モノのアルバムに仕上がっている。
このギタリストがかなりのテクニック&センスを持っていて、テクニカルでありながらも
分かりやすくメロディックなフレーズを連発してくれている。
(歌メロもキャッチーな感じで聞きやすい)
「Sevdah」というのはボスニア特有の民族音楽かなんかのようで、確かにそんな感じの
珍しい要素も非常に多く見られる。
(「Sevdah」を聞いたことはないが...)
アコーディオンとかなんかよく分からない楽器も少なからず使われているし、ちょっと
変わったリズムも多く使われている。

基盤は結構スタンダードなネオクラな感じがするが、メロディの質は秀逸だし、やはり
ボスニア独特の?飾りつけや哀愁が実に良いインパクトとなっていて、ありがちな感じはしない。
なによりも、ギターがテクニックに溺れず良いフックを頻繁に叩きつけているところがGood。
(ソロよりもバッキングが良い感じ)
ホント良いセンスを持っている人だと思う。

はっきり言って捨て曲はないが、ジョンのボーカルがなんか不安定に感じた...
(上手いんだけど...)

気持ち的には「89.5」点な感じ。
タグ:ネオクラ 
posted by metalic at 01:24 | E
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。